中古住宅に乗っている太陽光の話を深く解説

相当書き込みが空いてました ランドマークは営業しております(汗

世間の勤務体制も変わり始めて、お休みの時期も変わり、弊社も合わせて体制も変わりました。

弊社は水曜休みから土日休みへ。ずっと平日休みでしたが、やっと友人やイベントと時間を合わせられるようになりました。
とはいえ土曜はご案内などで大体仕事しています。基本的にはお休みとなっています。
内見希望のお客様も土曜に集約している感があるので、日曜日は休めています。
1-2年前は、毎週土日は販売現場張り付き確定だったのに嘘みたいです。



さてさて表題の件です。
今回は中古住宅の上に乗っている太陽光パネルについて深〜く書いてみます。


弊社では時々太陽光パネルが乗った中古住宅を販売する事があります。
新築に付いているものは固定価格買取制度を使って売電開始から10年間余った電気を売電できますが、中古住宅の屋根の上に付いている場合は何年売電できるのでしょう?

答えは『前所有者が 余剰売電を開始した時から 10年間』です。
中古住宅の場合はいつパネルを取り付けて売電を始めたか分からないケースが多いのですが、『前所有者が余剰電力売電を始めてから10年間』になります。
例えば、平成20年に建てた住宅で、平成24年にパネルを載せて売電を開始すると、平成34年まで余剰売電の対象ということになります。
平成30年に上記の住宅を買うと、余剰売電の残り期間は平成34年までですので、4年間は余剰売電できる計算です。


肝心の単価は、『売電単価は売電と開始した単価を引き継ぎます』ので、単価が高かった平成24年当時のまま、4年間売電できます。



余剰売電するといくら儲かるか?

一番気になる所です。
発電している毎日 [朝〜夕方までの発電分] - [朝〜夕方まで使った分] = 余剰売電 となります。
発電していない時(=夜間/天気が悪い時)は通常どおり東電から電気を買って使います。

群馬の南部で3.4kwのパネルが乗っていると
3月の1ヶ月で495kwの発電量がありました。
この3.4kwというのは一般的な住宅でよく乗っているパネルの数量です。
495kwの発電量は、「昼間全く家で電気を使わなかった状態」で、発電した電力を全部売電した場合の発電量です。
売電単価1kw = 42円(平成24年に売電開始したの固定買取価格)の場合、
単価¥42 x 発電495kw= ¥20,790 が売電で得られる利益になります。
...何も家で電気を使わないとざっくり2万円の儲けという事になります。

当然ですが、実際には昼間もそれなりに電気は宅内で使用する事になります。
発電量からざっくり朝〜夕方の間、165kw(0〜17時までの1ヶ月平均電気使用量 全国平均から抽出)程度消費するので、
発電量495kw-昼間使用分165kw = 残り330kwが売電量となります。

つまり、 売電単価¥42 x 売電量330kw = ¥13,860/月 が実収入となります。
※季節や天候にによって発電量や電気使用量は変動します。
年間なら余剰売電で12万円前後もお財布に入ってきます。結構大きいですよね。
住宅ローン2ヶ月分相殺できる?
国産豚バラブロック300g 298円なら402個分?
毎日カレーでも大丈夫です。毎日は嫌ですが....(笑

一番のメリットは、中古であるがゆえに本来設備投資で2-300万かかる筈が、タダで付いてくるという事です。


10年の固定買取が終わったらどうする?
そのままだと昼間の使用分だけ相殺する状態になりますが、
有効な手段として『蓄電池を使う』方法があります。
蓄電池とは簡単にいうとバッテリーです。昼間発電した分を蓄電池に充電し、夜の使用に使う。足りない分は東電から継ぎ足しで買う。
いわゆるゼロエネ住宅の出来上がりです。
先ほどの3月に330kw/月も余剰発電していた分を、自宅に設置した蓄電池に充電させ、夜間85kw/月 使用(全国平均18-0時まで)使うと夜の分は賄える計算になります。発電したけど使い切れずに捨てる電力も出ますし、このイメージだと真冬は少し買い足すイメージかと思います。
こういった転用ができるので、固定買取終了後も家の電気代に関してはかなりほとんど吸収できる形になります。
また、昨今の天災の影響で停電が頻発していますが、自宅の屋根の自家発電で夜の使用分もチャージ出来ますので、自宅は停電で困る事はないはずです。


太陽光パネルの寿命は?
おおむね30〜40年程度と言われています。また変換器であるパワーコンディショナー =通称パワコンという機械が脱衣室に大体付いていますが、これは10年が交換目安です。(交換費用は10万位)
パネル自体は徐々に(10年で10%程出力ダウン)していくものなので、突発的な故障がなければ、当面発電機能は保たれます。

太陽光や再エネの技術はどんどん進歩していますから、蓄電池以外にも出てくるかもしれませんね。

固定買取制度が有効な間は余剰売電をして電気代の節約と売電で収益を得て、制度が終わったら蓄電池を付けて昼と夜の電気代に回す。地震などの天災にも備える。

余談ですが、エコキュートも本体から90度程度のお湯が出せます。
プロパンガスもボンベ付近の復旧ボタンを押せば使えます。


いかがでしたか?
今回使用した平成24年から余剰売電を開始した中古住宅の例は、
弊社販売中の『甘楽町福島 中古住宅』の物件からデータを使用しました。
ここ重要↑


ではでは〜